Azureロールインスタンスを日本語化してみる(Azure Guest OS2系編)


今回も、RDP接続を使ってAzureのカスタマイズを行うネタです。
(例によって、永続化等は全く考えておりませんのであしからず…)

前回は、Windows Azure Guest OS 1.x(Windows Server 2008 SP2互換)を日本語化してみましたが、
今回は、Windows Azure Guest OS 2.x(Windows Server 2008 R2互換)を日本語化してみます。
リリースノートを見ますと、OS2.4以降は2008 R2 SP1が適用されています。)

まずは、RDP接続してみました。御覧のように英語版です。

image

それでは、さっそく日本語化して行きたいと思います。
日本語化に必要な物は、「Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 複数言語ユーザー インターフェイス言語パック」の「Windows6.1-KB2483139-x64-ja-JP.exeです。まずは、ダウンロードして適当な所に保存してください。

image

前回は、isoイメージファイルでしたので、読み込むために仮想CD/DVDツールを利用しましたが、今回は実行形式ファイルですので特に準備の必要はありません。ダウンロードしたファイルを実行すると、日本語言語パックのインストールが始まります。

image

続いて言語設定を行います。
「control Panel」→「Change display language」を起動し、「Choose a display language」で「日本語」を選択し「OK」ボタンを押します。

image

すぐに設定が終了しますので、「Log off now」ボタンを押します。

image

RDP接続が切れますので、もう一度接続しますと、無事日本語になっています。

image

やはり、Azure Guest OS2系(2008R2)は、OS1系(無印2008)に比べて構成等が色々と楽になっていますね。

さらに、Windows 自動インストール キット (Windows AIK)のDISMコマンド等を利用すれば、Start Up Task等で比較的簡単に永続化できそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中