Windows Azureの2012年春に提供される新機能類のうわさ


ZDNet Blogの2012/1/3の記事、「Microsoft’s cloud roadmap for 2012: What’s on tap」によると2012春に様々な機能強化が行われる予定であると述べられていますので抜粋を記載しておこうと思います。

(これらは現状うわさレベルなのでその辺りはお含みおきください。)

  • Consistent REST APIs for Windows Azure features and services, callable from any programming language (full SDK in Spring)

    任意のプログラミング言語から呼出し可能な、Windows Azureの機能及びサービスの為の一貫したREST APIを提供(full SDK は春に登場)

  • SQL Azure Reporting Services (now a Q1 2012, rather than an end-of 2011 deliverable, I am hearing from one of my contacts)

    SQL Azure Reporting Servicesの正式リリース(現在はプレビュー版)

  • Ability to create a virtual private network (VPN) between on-premise servers and Windows Azure. (Note: I believe this is the Azure Connect offering, originally codenamed Project Sydney, which was supposed to be out before the end of 2011 in final form.)

    オンプレミスとWindows Azure間の仮想プライベートネットワーク(VPN)を実現する、Windows Azure Connectの正式リリース(現在はCTP)
     

  • Ability to import and export large amounts of data by shipping files on a drive into Windows Azure blob storage

    Windows Azureのブロブストレージに大量のデータをインポートおよびエクスポートする機能
    (Windows Azure Driveに登録したデータから?)

  • Same availability promise (99.9%) for single and multiple instances

    単一および複数のインスタンスに対して同じ可用性を約束(99.9%)
    (現在は単一インスタンスの場合はSLAの保障なし)

  • Ability to mount/unmount more easily drives on running instances

    実行中のインスタンス上でより簡単にWindows Azure Driveのmount/unmountが出来る機能

  • Support for more easily developing Azure apps not just on Windows, but also on Macs and Linux systems

    Windows上でより簡単にAzureアプリケーションの開発が出来るようになるだけでなく、MacやLinux上での開発もサポート

  • Support for the User Datagram Protocol (UDP) for streaming workloads and other application areas

    User Datagram Protocol(UDP)をストリーミングワークロード用にサポートすると共に、このプロトコルのその他の応用分野でのサポート

  • The ability to easily set up WordPress and Drupal on Azure “without writing code”

    コードの記述無しに、WordpressやDrupalをAzure上に簡単にセットアップする機能

  • A preview of functionality allowing the creation, customization and management of private marketplaces (Note: I believe this is the codename “Roswell” technology about which I blogged late last year)

    プライベートマーケットプレイスの作成 ​​、カスタマイズ、および管理を可能にする機能のプレビュー版の提供

  • Better Active Directory integration for migration: Both the ability to sign on using an on-premise Active Directory in Office 365, as well as technology that will help users migrate their line-of-business apps that are dependent on Active Directory to the cloud (supposedly “without making any changes”)

    マイグレーションの為のより良いActive Directory統合
    (オンプレミスのActive Directoryに依存したアプリ類のマイグレーションが簡単になると言う事?)

  • Support for more easily uploading and sharing videos in a central depository across an enterprise, as well as the ability to easily stream to any device (including those running not just Silverlight, but also Flash, HTML5, iOS and Android)

    エンタープライズで簡単にビデオのアップロードと共有を行えると共に任意のデバイス(Silverlightだけでなく、Flash、HTML5、iOSとAndroidを含む)に簡単に配信できる機能をサポート

また、2012/1/2の記事、「Microsoft to enable Linux on its Windows Azure cloud in 2012」によると、新しい永続的な仮想マシン機能(Persistent virtual machine feature)のCTPの提供を計画しているとの事です。

文面からはVM Roleの新機能のように読み取れますが、現状の、VM Roleは再起動やリサイクルのタイミングで、”状態(State)”の永続化が行われない為、それらに依存したアプリケーションを稼働させる環境としては若干問題があると述べられています。

そして、この問題を解消した、Windows Azureの新しい仮想マシンの登場により、LinuxやSQL Server、SharePoint Serverなど様々なサーバ類の稼働プラットフォームとして活用できるようになると考えられます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中