閏年の2/29にIISマネージャーで自己署名入りサーバー証明書が作成できない問題(Azure大規模障害との関係は??)


こちらのBlog記事に、「IISの自己署名入りサーバー証明書をうるう年の2月29日に作成するとパラメーターエラーが起きる。」とありましたのでちょっと検証してみました。

まず、日付を2012/2/29に戻します。

image

IISマネージャーを立ち上げ「サーバ証明書」を起動。

image

「自己署名入り証明書の作成」を開いて適当なフレンドリー名を入れてOKします。

image

確かにエラーが発生しました。

image

証明書の処理に何らかの閏年バグがある事がわかりました。

ここで先般のAzureの障害を思い出します。障害通知には次の様な一文があります。

「Feb 29 2012 4:00AM We have identified the root cause of this incident. It has been traced back to a cert issue triggered on 2/29/2012 GMT.」

今回のIISマネージャーで発生したエラーと符合しているような気がします。

Windows Azure Platform自体もWindowsで動いているでしょうから、そもそもOS自体が潜在的な問題を抱えていたと推測されます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中